生タラバガニの焼き方

タラバガニ・生タラバの旬を通販で!

MENU

生タラバガニの定番の焼き方

生タラバガニを食すに当たっては、定番となっている焼き方があります。
素材自体が良いので、少々の不手際は許されるでしょうが、やはり焼き方の基本を守った方が、おいしくいただけるのです。
焼く前に、食べやすくするために、生タラバガニは、適当な大きさに切り分けるのですが、安全のため、最初にカニ表面についている氷は、冷水やぬるま湯で落としておくと滑りにくくなります。
また、まな板よりは新聞紙の上で作業した方がやりやすいです。
それと、生タラバガニが完全に解凍し切る前の、半解凍の状態の方が、カットしやすいことは、覚えておいて良いでしょう。

生タラバガニの殻に焦げ目がつくくらいが網焼きでの焼き方

さらに、生タラバガニの脚は、関節部分で切り離した上で、包丁を縦に入れ2つに分けると、後で食べやすくなります。
切り口を上にして、網にのせてから、中火で5分ほど、殻に焦げ目がつくくらいまで焼くのが、標準的な焼き方です。
焼いていて、カニ汁がふき上がるのは、芯まで火が通ったサインになります。
焼き方が良ければ、そのままで十分おいしいのですが、アクセントに醤油、すだち、レモン汁、しょうが汁などを、お好みでかけると、さらにおいしさが倍増します。

生タラバガニのホットプレートでの焼き方

生タラバガニは、網焼きにするのがベストな焼き方だという意見は多いのですが、現代風にホットプレートを使うのもアリです。
カニを切り分け、縦に包丁を入れるまでは同様ですが、ホットプレートを使った焼き方では、身の方を下にして、3?5分くらい焼くと、上手くいきます。
焼いているうちにジューッと音がし、香ばしい香りが漂い出します。
ふたを取って身がきつね色になっていたら、裏返してふたをし、さらに5分ほど蒸し焼きにして出来上がりです。

生タラバガニ通販はこちらから

迫力の生タラバガニの脚むき身、人気の生ズワイガニの脚むき身。
最高の状態で急速冷凍され、美味がつまったカニを通販でお届け。
値段も見入りも品質も逸品級のカニ通販です。
詳細はこちらクリック!