根室の花咲ガニ

タラバガニ・生タラバの旬を通販で!

MENU

花咲ガニは根室の特産品

北方領土が望める納沙布岬は、観光名所の一つとはいえ、根室はどちらかといえば北海道ではマイナーな観光地に甘んじているきらいはあります。
それでも、海産物、特にうまいカニが味わえるということで、マニアにとっては聖地のようなところです。
一年でも限られた時期にしか食べられない花咲ガニは、一生に一度は口にしたいというのはオーバーですが、それ程の価値のある珍味です。

 

花咲ガニは、根室でも太平洋側の花咲港で大半が水揚げされます。
この地区名がカニの名前の由来となったという説が有力です。
実質的に一大集散地となっていて、獲り立てのものは他所では手に入らないといっても良いくらいです。
濃厚な甘みが特徴で、エビのようなプリプリした食感は、カニ通なら常識です。

根室の駅前では「カニ市場」で茹でたてをほくほく。

カニの本場であることをアピールするかのように、JR根室駅前には、「根室駅前カニ市場」があり、十数件のカニ専門店がひしめいています。
早朝に水揚げされた花咲ガニを、その場で茹で上げてくれるので、新鮮そのもののカニが堪能でき、日本に生れて良かったと幸福感を実感させてくれます。

 

花咲ガニは、現地では1尾2、3千円から店頭に並び、やはり通販でよりは安めの価格設定です。
送料はそれなりにかかりますが、地方発送を受け付けてくれるお店もあるので、お土産や贈答用に喜ばれることでしょう。

花咲ガニ、今後の傾向は品薄・高値トレンドに。

ところで、根室は、北方領土が間近に見える「国境」の町です。
カニの漁場もややこしいところにあり、ロシア側に拿捕される危険が隣り合わせの中、漁をするにも、それこそ命がけです。
口コミによれば、花咲ガニは「浜値」からして上昇傾向にあるということ。
だとすれば今のうちに、その美味を堪能しておきましょう。

生タラバガニ通販はこちらから

迫力の生タラバガニの脚むき身、人気の生ズワイガニの脚むき身。
最高の状態で急速冷凍され、美味がつまったカニを通販でお届け。
値段も見入りも品質も逸品級のカニ通販です。
詳細はこちらクリック!